2020年 8月
花日記topへ
homeへ

 8/4  青空に向かって立つ!
梅雨明けとともにギラギラした夏空が続いています。そんな空に向かってグングン伸びたキビ。
  
2mは超えています。                   角度を変えて。
確かに黒い粒
花友さんに小さい苗をいただいて植えました。「黒穂きび」と書いてありました。食べられるのかどうかは知りません。(^^ゞ
よく伸びて、力強くカッコイイです。

オミナエシが元気です。まだ秋ではないけれど。
8/1 もう8月です。コロナだ長雨だと言っているうちに。。
そのコロナは衰えることなく、拡大の一途をたどり毎日発表される感染者数をため息まじりで聞いています。東京は100、200でも多いと思っていたのにあれよあれよというまに300を超え、ついに今日は472!大阪も195。今日の新規感染者全国で1581(前日比+280)。ほんとにどうなることでしょうか。
以前気温が高くなると勢いが弱まるかもという説?があったように思いますがハズレでしたね。(T_T)

近畿は昨日ようやく梅雨が明け、関東も今日梅雨明けが発表されたそうです。遅かったですねえ。
今月1年ぶりに岡山の郷里に帰ろうかと計画していましたが、こんなにコロナが拡大しては中止しないわけにはいかないようです。都会からコロナを持ち込んだということになってもいけませんし。
お墓の掃除や庭の草取りが気になっているのですが、在郷の従弟が除草剤を撒いてくれたそうで、無理して帰らなくてもいいらしいです。(以前から草刈りと掃除を仕事として頼んでいた幼なじみがいるのですが病気になってできなくなりました。だからもう自力でするしかなかったのです。)
従弟は今は移動しない方がいいのではと言います。ちなみに彼はお医者さん。

元気印のカリブラコアとポーチュラカ
ペチュニア系は長雨に耐えられず次々と枯れていきました。残念。

そうそう蓮池で見たチョウトンボの写真を載せておきますね。たくさん飛んでいましたが素早い動きでとびまわり、それでは写真に撮れなくて、止まるのを待っていました。たったの2度止まったところを写しました。
これは一見黒っぽい羽をもつので地味に見えますが、光に当たると素晴らしい輝きを見せてくれます。




これは大賀蓮。遺跡から出た種から大賀一郎博士が発芽させたものの子孫で、今では全国にたくさん植えられています。兵庫県加東市 平池公園にて。チョウトンボはここで撮影。